登戸店へ

東林間店へ

町田店へ

大和店へ

平塚河内店へ

世界ピザ職人選手権大会

CAMPIONATO MONDIALE DELLA PIZZA

guide

 毎年イタリアで開かれる世界ピザ職人選手権大会は、イタリア全土はもとより、ヨーロッパ、アメリカ・カナダなどの北米、スウェーデンなどの北欧、インド、オーストラリア、アジアの国々と、世界中からピザ職人が集う、ピザ職人の祭典です。
 大会は3日間にわたり大きなスポーツアリーナの様な会場で行われます。
 伝統のピザの技術を競うクラシカ部門や、ピザ回しの技術を競うアクロバティカ部門など数々の部門があり、参加者も年々増えています。特に地元イタリアの職人にとっては、この大会に出場し良い評価を得ることがピザ職人としての大きなステイタスになり、自分の店の評判にもつながるとあって、とても真剣にエントリーしてきます。
 ピザレストラン・ヒッコリーは2000年の第9回大会から13年間、日本チームとしては唯一連続出場し、特にアクロバティカ部門で好成績を残しています。

top

guide

history

photo movie

大会について
開催時期 毎年4月の上旬。大会は3日間。
開催地 ミラノから車で3時間程度の、生ハムで有名なパルマ地方。2012年までは、温泉で有名な街“サルソマジョーレ”で行われていたが、2013年からはやはりパルマ近郊の“パルカッサ”が開催都市になった。
大会名 世界ピザ職人選手権大会(伊:CAMPIONATO MONDIALE DELLA PIZZA)。 2007年の第16回大会から、4年ごとに「ピザ・オリンピック」と呼び、国別対抗競技が行われるようになっている。
開催者 ピザ窯や器具のメーカー、ピザ業界紙、ピッツェリアチェーン店や個人店舗などからなる業界団体が合同で開催。
参加国 イタリア全土はもとより、世界各国からが選手がやって来る。2014年大会には29カ国の人々が参加した。
主な種目
PIU' LARGA
  ピューラルガ
1枚500g程度のピザ生地を与えられ、5分間でどこまで大きく、穴を開けずにのばせるかを競います。美味しいピザを焼き上げるためには生地を均一にのばすことが重要です。向こうが透けて見えるほどまで薄く大きく、穴を開けずに制限時間の中で伸ばす訳ですから、慎重に慎重にピザを投げ広げていくのです。一回一回、観客からはドヨメキが聞こえてきます。
VELOCITA
  ヴェロチッタ
ピザ職人として求められる「速くのばす」技能を競うもの。大会側よりピザ生地を与えられ、120g程度の生地5枚を規定の25cmの大きさまでのばし、時間を競います。会場には粉が舞い、パンパーンと小気味良くピザをたたきながらリズムを付ける競技者の姿からは、迫力と緊張感が伝わってきます。
CLASSICA
   クラシカ
生地の仕込み、のばし、ソース、トッピング内容、焼き方などを総合的に審査員が評価し、技術を競います。審査員はひたすらピザを食べ続ける事になり、審査員にとっても過酷な競技です。ヒッコリーは2001年『マンマ・ジャポネーゼ』、2002年『カーポロ』で、外国人部門で受賞しました。
Heinz Beck
  ハインツバック
ピッツェリアで、ピザの前菜として提供するのにふさわしい料理を提案し、その味を競います。審査員の目の前で調理するため、かなり緊張する競技です。2011年にヒッコリー総料理長の小熊シェフが見事に入賞を果たしています。
ACROBATICA
  アクロバティカ
音楽に合わせてピザを回し、伸ばす技術を使い、パフォーマンスを行います。2分程度の制限時間がありますが、そこはイタリア、あまり気にしていない様子で、年々長くなる気がするのです……。ピザを2枚、3枚と使ったり、肩を転がしたり、高くほうり投げたり、上記の種目とは異なり、それはそれは楽しい雰囲気です。
ACROBAZIE A SQUADRE
     アクロバティカ団体戦
左記の個人種目を、複数のメンバー、チームで行う競技です。ストーリー性のある演技、技を追究するパフォーマンスなど、チームによってカラーはまちまち。団体競技なのでチームワークが決めてです。私達ヒッコリーの得意とする分野です。2000年大会では3位、2001年は2位、2002年には6位入賞を果たしてきました。チーム同士で交流が生まれ、大会が盛り上るのもこの競技からです。
PRESENTAZIONE
  プレゼンタヅィオーネ
ピザ生地を使って様々な飾りを作る、プレゼンテーション競技。思いもかけないようなアイデアが毎年飛び出し、見るのがとても楽しみな競技です。街では、ショーウインドウを、こういった細工物で飾るピザ店も見かけます。